野焼きの禁止について

 この時間は、福祉衛生課から、野焼きの禁止についてお知らせします。

 地面で直接焼却する場合や、ドラム缶、ブロック囲い、簡易焼却炉での焼却は、野焼きとみなされ、有毒ガスや悪臭の発生、火災の危険性や、多くの人々への迷惑となるため、法律で禁止されています。
 特に、ビニールやプラスチックを含む野焼きは、例外なく固く禁止されていますので、絶対に行わないようお願いします。

 福祉衛生課から、野焼きの禁止についてお知らせしました。

This entry was posted in 放送中の防災行政無線情報. Bookmark the permalink.