館の板碑

 板碑とは、石材を用いた卒塔婆のことで、死者の供養のために建てられた。年代は南北朝時代(1336~1392)のものと推定されている。この板碑は、集落内の斎藤ひさ宅で板碑と知らないままに保管されていたものである。碑面には阿弥陀如来を表す梵字キリークが刻まれている。現在は移設され、館地蔵堂の板碑に並んで建てられている。この集落は古くから館村と呼ばれた。集落の後背地丘陵上に中世の館跡があり、地名の由来ともなっている。板碑は、館跡が南北朝時代に築かれた可能性を物語っており、当時、この地方に勢力を誇った豪族・安藤氏の関わりがうかがえる資料である。