松源寺の板碑

 板碑とは、石材を用いた卒塔婆のことで、死者の供養のために建てられた。年代は全て南北朝時代(1336~1392)のものと推定されている。中央の板碑には、阿弥陀如来を表す梵字キリークが刻まれている。左側と右側の板碑は、梵字サで観世音菩薩を表す。当時この地方に勢力を誇った豪族・安藤氏の関わりがうかがえる資料である。