種里旧墓地の板碑


      (旧墓地所在時の写真)

 板碑とは、石材を用いた卒塔婆のことで、死者の供養のために建てられた。年代は南北朝時代(1336~1392)のものと推定されている。碑面の梵字は磨滅により不明である。この板碑は、元は種里村の旧墓地(集落の後方の山裾)にあったが、現在地に移設された。延徳3年(1491)に津軽藩始祖・大浦光信が入部する前から種里に集落があったことを物語るとともに、当時、この地方に勢力を誇った豪族・安藤氏の関わりがうかがえる資料である。