種里八幡宮身正体

 種里八幡宮社宝。奈良家(種里八幡宮神官)由緒書や伝承によると、初代・奈良主水貞親が、奈良の国から首につるして来たものとされている。2枚とも懸仏として用いられたとみられる。どちらも鉄製で、1枚には神官像、他の1枚には尊像をはめこんだとみられる穴がある。