日陰塚

 天明3年(1783)、舞戸の俳人・保村晩杏らによって建てられた松尾芭蕉の句碑。芭蕉の「蝶の飛ぶばかり野中の日蔭かな」の句が刻まれている。碑の裏面には、句にちなんで「日蔭塚」と刻まれている。この碑の場所からは、下を流れる中村川や、遠く七里長浜、権現崎、そして澄み渡った日には松前の山々が眺望できる。この風景を眺めながら、ここで句会を催したものと思われる。