芭蕉塚

 天保3年(1832)、高沢寺17世斯文和尚によって建てられた松尾芭蕉の句碑。大石武学流の造りである高沢寺庭園の池島に建っている。芭蕉の「名月や池をめぐりて夜もすがら」の句が刻まれている。斯文和尚は俳人としても知られる。この句碑は、その後、長い間土中に埋められていたが、大正5年(1916)に町内の俳人らの尽力により再建された。