生駒睢員墓

 文政11年(1828)に亡くなった生駒睢員の辞世の句「穂すすきの中にともあり秋の蝶」を刻んだ墓石。生駒家は北陸の三国湊(現在の福井県)から鰺ヶ沢湊に移った一族で三国屋を名乗った。生駒家の一族の多くは船問屋を営み、松本禽翁門下の俳人として生駒猿澄、生駒鴦輝らがいた。睢員も同様の俳人であったとみられる。