目内崎獅子舞

 

 目内崎獅子舞は古くから伝えられてきたが沿革は定かではない。一説によれば、大浦光信が種里城築城の際、領地内の平和と繁栄、五穀豊穣を祈って、都から役行者を招いて村人に伝授したのが始まりともされる。戦後、後継者難が続き、平成元年頃には獅子舞を知る人が1~2名となった。平成2年(1990)10月、光信公入部500年祭に参加するため保存会を結成し、練習を重ねて復興したものである。