種里八幡宮のスギ

 種里八幡宮は、大永3年(1523)、津軽藩始祖・大浦光信が創建したとされる神社である。八幡宮境内にスギの大木6本があり、神社創建の頃に植えたものと伝えられる。平成3年の台風で、周囲3.8mと3.7mの一番大きい2本が倒れたので、現在の文化財指定木は4本となっている。