日照田高倉神社のイチョウ

 日照田高倉神社のイチョウは、樹齢800年、幹周り8mの大樹である。この神社は、明治以前は飛龍宮と称され、大同2年(807年)坂上田村麻呂創建の伝承のある古い歴史を持つ。津軽33観音第8番札所である。秘伝本尊は十一面観音で、その昔、若者の姿に身を変えて、この村の畑仕事を手伝ったという伝説が残っている。