インターネットによる選挙運動ができるようになります

公職選挙法改正により、法施行日(平成25年5月26日)以後初めて公示される国政選挙(衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙)の公示日以降に、公示・告示される国政選挙及び地方選挙についてインターネットを使った選挙運動ができるようになります。

詳しくは、総務省インターネット選挙運動の解禁に関する情報ページをご覧ください。