白八幡宮大祭について

津軽の京まつり

白八幡宮大祭は、京都の時代まつりと祇園まつりにとてもよく似ていることから、「津軽の京まつり」と称され、それは北前船交易によって上方から運ばれてきた文化の影響を受けたものと考えられています。

大祭の歴史

港町ならではの御神輿海上渡御
港町ならではの御神輿海上渡御
(大漁祈願)

延寶五年(1677年)、武運長久、領内安全、五穀豊穣、火難消除のため、隔年で神輿渡御の大祭を行うよう津軽藩より仰せつけがあり大祭が始まりました。

 現存の神輿は貞享二年(1685年)、鰺ヶ沢町中の寄進によるもので、元禄九年の火災を免れ、数度の修理を経て今に至っています。古くは当町の願行寺の住職による修繕もなされ、その縁で今でも願行寺山門前ではお神輿を休止させ、住職の丁重な迎えを受けています。

 神職は地元に加え、県内各地から参加します。その正装した姿は古来の雅やかな面影をかもし出し、行列の厳かな雰囲気を高めます。

 御旅所(御神輿がお泊まりになる所)は、古くは田中町の水屋と、海士町(漁師町)に定められていましたが、明治6年からは淀町の豊受美神社を常設御旅所とし、現在は、「水屋」と一丁目の「漁港上屋」が交互に御旅所となっています。

御神輿渡御行列

華麗な装束の行列
華麗な装束の行列
1685年に寄進された御神輿
1685年に寄進された御神輿

大祭の中で最も華やかなのは、町の無形文化財に指定されている「御神輿渡御行列」(神幸祭)です。 「津軽の京まつり」ともいわれ、2基の神輿を中心に乗馬の神職、御神馬、裃姿の奉行役のほか、古式ゆかしい装束に身をまとった鉄砲、槍、弓などの御神器や御神宝を捧持する人々は200名余におよび、およそ1kmにも達する行列となって「行導」の音を奏でながら静かに進み、さらに、これに各町内の山車がつづく、一大絵巻となっています。また、行列に参加する人々が「口覆い」(マスク状の布)を着けるのは穢れを忌むという古来のしきたりを今に伝えるものです。

沿道の各戸では家の前に和机を据え、お神酒、お初穂、お灯明を供え、正座、拝礼で迎えるという古風なしきたりも残っています。
 

各町内会山車が連なる
各町内会山車が連なる

行列の後には各町内の「山車」10台が祇園囃子を奏でながら続きます。

大祭3日目には御座船に御神輿を遷して海上渡御も行われます。先導船に導かれて海上に繰り出した御座船の上では大漁祈願祭が執り行われ、全ての漁船は“満艦飾”に飾り立て御座船の後に続き、華やかさを一層際立たせています。

御神輿渡御行列順

御神輿渡御行列順

ページの先頭へ