障害者虐待防止センター

 障害者虐待防止法が平成24年10月に施行され、町は 『障害者虐待防止センター』 を設置しました。
 この法律は、家庭や施設、職場などで虐待を発見した人は通報することを義務づけています。 早期発見のためには 「もしかして?」 「おかしいのでは?」 という気づきが大切です。 また、通報した方の情報は守られます。

 

≪ 障害者虐待の例 ≫
身体的虐待 蹴る、殴る、しばりつける、たばこの火を押し付ける、熱湯を無理やり飲ませる、不要な薬を飲ませる など
性的虐待 性的暴力、性的行為の強要 など
心理的虐待 怒鳴る、ののしる、わざと無視する、差別的な扱いをするなどして精神的苦痛を与える など
放棄・放任 食事を与えない、通院や入浴を怠る、通学させない、必要な医療を受けさせない など
経済的虐待 預貯金を本人の意思に反して使用する、賃金などを払わない、日常生活に必要な金銭を渡さない など

お問い合せ先

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。

 鰺ヶ沢町障害者虐待防止センター (福祉衛生課 福祉班内)
  電話:0173-72-2111 (内線144・145・146)
  Mail:ajkoho@town.ajigasawa.lg.jp