農業委員会

農業委員会からの情報一覧

◆◆◆ 定例総会会議録 ◆◆◆

・ 平成29年 第 6回定例総会 [PDF]  (2017年 6月16日 掲載)
・ 平成29年 第 5回定例総会 [PDF]  (2017年 5月22日 掲載)
・ 平成29年 第 4回定例総会 [PDF]  (2017年 4月25日 掲載)
・ 平成29年 第 3回定例総会 [PDF]  (2017年3月23日 掲載)
・ 平成29年 第 2回定例総会 [PDF]  (2017年2月20日 掲載)
・ 平成29年 第 1回定例総会 [PDF]  (2017年1月23日 掲載)
・ 平成28年 第12回定例総会 [PDF]  (2016年12月15日 掲載)
・ 平成28年 第11回定例総会 [PDF]  (2016年11月18日 掲載)
・ 平成28年 第10回定例総会 [PDF]  (2016年10月18日 掲載)
・ 平成28年 第 9回定例総会 [PDF]  (2016年 9月15日 掲載)
・ 平成28年 第 8回定例総会 [PDF]  (2016年 8月18日 掲載)
・ 平成28年 第 7回定例総会 [PDF]  (2016年 7月19日 掲載)

 

 

農地等の手続きについて

農地や採草牧草地(以下「農地等」)の売買、貸借といった権利移動や農地を宅地などにする農地転用は、行政庁(農業委員会、知事または農林水産大臣)の許可が必要です。
上記のような許可は農地等の所在する市町村の農業委員会が申請窓口になりますので、詳しくは、当該農地等の所在する農業委員会事務局へお問合せください。
なお、当農業委員会の農地等の手続きの申請は毎月20日までの受け付けとなっております。この日までに受理した申請書については、翌月の12日頃開催の農業委員会総会で審議しますので、申請される方は日程に余裕をもって事前にご相談ください。

≪ 農地法関係許可申請手続必要事項 ≫
・ 農地法第3条許可申請(売買、賃貸借、使用貸借、贈与)
・ 農地法第4条許可申請(農地の転用)
・ 農地法第5条許可申請(農地等の権利の移転・設定)
・ 農用地利用集積計画(所有権移転、利用権設定(賃貸借・使用貸借)、利用権移転)
・ 農地法適用外証明願
・ あっせん申出書
・ 競公売買受適格証明願
・ 農地の現状変更届出書工事完了(進捗業況)報告書

 


「農業委員会の適正な事務実施」の公表について

 農業委員会に関する法律により、農地等の利用の最適化の推進が必須業務で、併せて農地等の利用の最適化の推進の状況、事務の実施状況等を広く一般に知っていただくようインターネット等により公表することが義務付けられています。
 つきましては、鰺ヶ沢町農業委員会の「平成28年度の目標およびその達成に向けた活動計画」、「平成27年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価」を公表します。

・「平成28年度の目標およびその達成に向けた活動計画」
 
・「平成27年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価」

 


 

農作業雇用標準賃金表について

平成28年度鰺ヶ沢町農作業雇用賃金表を決定しましたので、農業経営の参考としてお役立てください。

平成28年度 農作業雇用標準賃金表(PDF) (平成28年6月7日 更新)


 

農業者年金について

『農業者にもサラリーマン並みの年金を』 という農業者の声で、昭和46年に発足しました。
農業者の老後生活の安定、福祉向上、農業経営の近代化(若返り)、農業経営の細分化防止、経営規模拡大に寄与することを目的としています。
過去数回にわたり改正を行い、就農者の減少と制度への加入者の減少、農業者人口の高齢化に伴う受給者の増加などから、抜本的な制度の見直しが求められていました。
その結果、平成14年1月1日、農業者年金は新制度としてスタートしました。

PDFアイコン詳細はこちらのチラシをご覧ください[PDF]

≪ 農業者年金制度の概要 ≫
1.加入条件
・ 60歳未満で国民年金第1号被保険者(免除者を除く)
・ 農業従事日数が年間60日以上の方(農地等の権利・名義が無くても、誰でも加入できます。)
※農地等を持たない畜産・施設園芸等の方も加入できます。

2.保険料の設定
保険料の設定範囲 20,000円~68,000円
※基本額20,000円に1,000円刻みで68,000円まで増やせます。

3.積立方式
納めた保険料とその運用益が将来のあなたの年金の原資となります。
※支払った保険料は、確定申告の時に社会保険料控除の対象となります。

4.特典
一定要件を満たす加入者に国の政策支援があります。
※認定農業者や青色申告者等の意欲ある担い手に対しては、国の保険料助成により負担が軽減される制度があります。
※改正前(旧)制度の加入者・年金受給を待っている方が新制度に加入すると、旧制度分と新制度分の年金を合わせて受給できます。

 


全国農業新聞の購読について

全国農業新聞は、農業者の公的代表機関である農業委員会系統組織が発行する専門誌です。農業や農政の情報がわかりやすく解説的にまとめられています。
また、多くの読者に満足していただけるよう、家族全員が楽しめる記事や、地域の元気で特徴のある明るい話題や地域独自のイベント情報なども紹介されています。

≪発行日、購読料≫
毎週金曜日発行 B3版 8~10頁建
購読料:月700円(送料、税込)

≪申込方法≫
農業委員会で随時受付けています。

≪関連リンク≫
全国農業新聞ホームページ

width="115"

お問い合せ先

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。

鰺ヶ沢町農業委員会 事務局
電話:0173-72-2111 (内線243・244)
Mail:ajkoho@town.ajigasawa.lg.jp