特別定額給付金について

令和2年4月20日、「新型コロナウィルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金として一人あたり10万円を給付する旨発表されました。
4月30日、国の補正予算が可決・成立し、特別定額給付金給付事業が開始されることとなりました。

 

【申請書の発送】
 令和2年5月16日

【申請受付】
 郵送申請:令和2年5月19日
 オンライン申請:令和2年5月1日から開始 ※オンライン申請は[マイナポータル]から

【申請期限】
 令和2年8月19日

【支給開始日】 ※現時点での予定のため、日程が前後する場合があります。
 令和2年5月28日予定
 以降、毎週支給(振込)予定

※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、申請は原則、同封する「返信用封筒」による郵送またはオンラインとしますので、窓口への提出はお控えください。

給付対象者
・令和2年4月27日(以下、基準日)時点で住民基本台帳に記載されている方(外国人含む)。
・基準日において、配偶者からの暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている者及び同伴者であって、基準日において居住している市区町村に住民票を移していないものについては、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合は、当該市町村において給付対象者となります。
・外国人のうち、短期滞在者、不法滞在者は住民基本台帳に記録されていないため対象外となります。

受給権者
その者の属する世帯主

給付額
1人につき10万円

給付金支給までの流れ
1.町から世帯員全員の氏名が記入された申請書を世帯主あてに送付します。
2.世帯主の方が、申請書の世帯員(家族の氏名等)を確認します。
3.世帯主名義の金融機関の口座番号等、必要事項を記入します。
4.申請書、本人確認の書類のコピー、口座を確認できる書類を同封する返信用封筒で町に返送します。
5.世帯員全員分の給付金が、まとめて申請した口座に振り込まれます。
 ※マイナンバーカードをお持ちの方は、オンラインでの申請も可能です。

配偶者からの暴力を理由に逃避している方への給付について
配偶者からの暴力を理由に避難している方で、今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくと、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて特別定額給付金を受けることができます。

【対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件】
次の1~3のいずれかに該当する方
1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
2.婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
3.令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申請に必要なもの
下記のいずれか書類が必要です。
・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
・保護命令決定書の謄本又は正本
 ※ 同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

配偶者からの暴力を理由の避難手続き窓口
鰺ヶ沢町役場 総合窓口課