正調鰺ヶ沢甚句


    (鰺ヶ沢甚句之碑)


 古くは「甚句」「イヤサカ」と呼ばれ、鰺ヶ沢の盆踊りの前座に歌われ踊られていた。近代になり廃れていたが、昭和38年(1963)頃、当時の鰺ヶ沢公民館長・大沢清三氏らの呼びかけにより、富根町の小山内しなさんが伝承していた唄と踊りを保存することができたものである。戦後、成田雲竹と高橋竹山が編曲した新民謡「鰺ヶ沢甚句」に対して、「正調鰺ヶ沢甚句」と名付けられた。正調鰺ヶ沢甚句は、鰺ヶ沢くどきとともに、津軽地方の甚句やよされの元唄とも言われており、また北海道民謡にも影響を与えたとされている。