トップ > 種里城「御城印」

種里城「御城印」

種里城「御城印」

概要

「光信公の館」では、種里城跡を訪れた記念の証として「御城印」を販売しています。
御城印の文字は、昭和7(1932)年に城跡入り口に建立された種里城址碑の文字を使用。「津軽藩発祥之地」の題字は、光信公四五〇年祭を記念し、津軽家14代義孝様(常陸宮妃華子殿下の実父)が揮毫したものです。家紋は、城主光信公の家紋「蔓花菱」と、光信公を始祖と仰ぐ津軽家の家紋「杏葉牡丹」を用いました。
種里城と津軽藩の歴史が詰まった1枚となっています。

販売期間

5月1日~10月31日(「光信公の館」開館期間)
※11月~翌年4月は休館のため、「御城印」販売は休止します。

販売場所

「光信公の館」(鰺ヶ沢町大字種里町字大柳90)
開 館 日:金・土・日曜日
開館時間:5月1日~8月31日(午前9時~午後5時)
     9月1日~10月31日(午前9時~午後4時30分)
問合せ先:光信公の館 TEL 0173-79-2535
     または鰺ヶ沢町教育委員会 社会教育課 TEL 0173-72-2111

※販売期間中、月~金曜日は鰺ヶ沢町中央公民館(鰺ヶ沢町大字本町209-2)で販売しています。
 販売時間:午前9時~午後4時

価格

1枚 300円(税込)

郵送による「御城印」の販売は行っておりません
ページトップへ